美味しい入れ方

ちゃちゃちゃネット

美味しいお茶の入れ方

美味しいお茶の入れ方は、使う水の質とお湯の温度が大きなポイントになります。
硬水を使うと、お茶の成分の中のカテキンやカフェインと結合して綺麗な水色にならなかったり、味に変化を起こしてえぐみや苦みが強くなり、美味しさが上手く引き出せない場合があるので、軟水を使うことがお勧めです。
ミネラルウォーターを使う場合は、成分を確かめましょう。
お湯は、水道水に含まれている塩素を抜く為に必ず一度沸騰させた水を使います。
入れ方は、まず湯飲みを温めつつ、お湯をお茶を入れる為の適温(80度)にする為に、湯飲みにお湯を入れて冷まします。
この工程は、使うお湯の量をぴったりに量るという意味合いもあります。
1人あたり2gの茶葉を急須に入れて、そこに適温に冷ましたお湯を湯飲みから入れます。
急須の蓋をして、そのまま1分程蒸らします。
湯飲みへの入れ方は、均等な濃さになるように少しずつ注ぎ分けます。
最後の1滴まで絞り出すと、2煎、3煎まで楽しむことが出来ます。

お茶の種類によって入れ方は異なります

お茶の入れ方といっても、どんな種類のお茶を入れるかによって、入れ方は異なります。
日本茶の場合、高級なお茶になればなる程、低温で蒸らし時間を長くして入れるのが鉄則です。
日本茶の中で最も高級な玉露を入れる適温は50度です。
これは、低温でゆっくり時間をかけて入れることにより、茶葉から甘みとうまみを抽出する為です。
2煎目は、少し高めの80度ほどで入れることにより、渋みを楽しむことが出来、一煎目とは違う楽しみ方が出来ます。
煎茶は普通煎茶と高級煎茶で入れる適温が異なります。
普通煎茶は90度~熱湯が適温なので、やかんやポットから直接急須にお湯を注いで大丈夫ですが、高級煎茶は80度が適温なので、一旦ポットから湯飲みにお湯を入れて冷ましたものを使います。
ほうじ茶、玄米茶はうまみや渋みが少ないので、95度の高めのお湯を直接やかんやポットから入れて、抽出時間も短めで香りを楽しみます。
湯飲みに注ぐ時は、最後の1滴まで注ぎきることが大切です。

おすすめWEBサイト 5選

審査を通過するため賃貸を相談する

Last update:2018/7/13

『お茶 入れ方』 最新ツイート

copylight 2009 ちゃちゃちゃネット All Rights Reserved.